問い合わせを便利に処理したいなら問い合わせ管理ツールを業務に導入しよう

問い合わせはツールを活用してしっかり対応しよう

会社やインターネットショップなど、サービスや商品を提供する仕事の場合は、売ったら売りっぱなしというわけにはいきません。使い方が分からなかったり不具合があったりしたときは、顧客は問い合わせをしてきます。それにサービスの契約や商品の購入を迷っている方からも、問い合わせが来ることもあるでしょう。小さな規模で運営をしているのなら、マンパワーで問い合わせを管理することができるかもしれません。しかし、それなりの規模で運営をしているのなら、問い合わせの数が多くなってしまって、マンパワーだけではミスも多くなる可能性があります。それを回避できるようにしてくれるのが、問い合わせを管理することができるツールです。こちらはシステムを導入するタイプのツールで、問い合わせを一本化して管理できるようになるため、ミスをグッと減らすことができます。例えば、メールでの問い合わせの返信を忘れてしまって、お客様からの指摘で気がついたことがある方もいるでしょう。お問い合わせ管理システムを使えば、一つのシステムで管理をするため、忘れていてもほかの方が気がついてくれるので安心です。また問い合わせの内容を共有することもできるため、ほかの方への担当を代わってもらうのもスムーズに行えます。

使いやすいサービスを選んで契約しよう

お問い合わせの業務をツールで管理したいのなら、提供してくれるサービスとの契約をする必要があります。お問い合わせ管理ツールを提供してくれるサービスはいろいろあるので、使い勝手がよさそうなものを選んで契約をしましょう。多少複雑でも多機能のほうがよいと感じるかもしれませんが、使いにくいと操作ミスで思わぬ失敗をしてしまう可能性があるのでおすすめできません。機能についてしっかりと調べれば、便利で使いやすいものが見つかるはずなので、ホームページなどに記載されている説明のすべてに目を通してから契約しましょう。

無料体験を利用して使い勝手を確かめよう

ホームページの説明を読んで素晴らしい問い合わせ管理ツールだと思い、契約しても、実際は使いにくかったということもあり得ます。そのような事態になりたくないのなら、業務で実際に使ってから契約することを考えましょう。サービスと契約するまえに、お試し期間を設けているところがあるので、そちらを活用すれば業務に本当に役立つのか確かめられます。一度導入するとほかの問い合わせ管理ツールに乗り換えるのは面倒なため、いろいろと試してもっとも業務に役立つサービスを探し出しましょう。

記事を共有する